[セミナー]
   コーポレートガバナンス・コードの改訂と実務対応
                ― 総会準備・総会後の実務課題の検討 ―

開 催 要 項

講  師 村 中   徹 氏 弁護士法人第一法律事務所 パートナー
弁 護 士

日  時 5月29日(火) 14:00 ~ 17:00
途中1回コーヒーブレイクをお取りします。

会  場 経団連会館 5階 会議室 住所:東京都千代田区大手町1-3-2
>>>地図はこちらをご参照ください 
電話:03-6741-0222


概 要

 金融庁と東京証券取引所は、本年3月26日、「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォローアップ会議」による検討を踏まえ、「コーポレートガバナンス・コードの改訂と投資家と企業の対話ガイドラインの策定について」をとりまとめ、併せて「コーポレートガバナンス・コード改訂案」を公表しています。この改訂案は、資本効率への着眼、政策保有株式の縮減やCEOの選解任等のプロセスの透明化等に関して、コードの追加、見直しを提案しており、また、CGコード等の附属文書と位置付けられている「対話ガイドライン案」を踏まえて、企業と投資家の建設的な対話を期待する事項が挙げられております。
 本セミナーでは、上場各社がこの改定案の内容を検討するにあたって、各社ごとの対応方針の策定に資するよう、コードの要請事項をコンプライ(遵守)する場合にはどのような体制整備が必要かを精査、検討するとともに、本年の定時総会の準備としても、質疑対応への準備上の留意点のほか、総会後に提出するコーポレートガバナンス報告書の作成に向けた検討課題の整理を行います。

講 義 内 容

第1 「コーポレートガバナンス・コードの改訂案」の取りまとめの経緯

 1 コーポレートガバナンスを巡る近時の議論の概況
 2 「スチュワードシップ・コード及びコーポレートガバナンス・コードのフォロー
  アップ会議」による検討
 3 「コーポレートガバナンス・コードの改訂と投資家と企業の対話ガイドラインの
  策定について」の公表
 4 適用等のスケジュール

第2 「コーポレートガバナンス・コードの改訂」と「投資家と企業の対話ガイドライン」の意義と概要

 1 「コーポレートガバナンス・コードの改訂案」の概要
 2 「投資家と企業の対話ガイドライン」の概要
 3 「投資家と企業の対話ガイドライン」を踏まえた「コーポレートガバナンス・コ
  ードの改訂案」への対応

第3 「コーポレートガバナンス・コードの改訂案」のポイントと実務課題

 1 「経営環境の変化に対応した経営判断」についてのコードの改訂
 2 「投資戦略・財務管理の方針」についてのコードの改訂
 3 「CEOの選解任・取締役会の機能発揮等」についてのコードの改訂
 4 「政策保有株式」についてのコードの改訂
 5 「アセットオーナー」についてのコードの改訂

第4 今後の取組みの手順等

 1 自社におけるスケジュールの策定
 2 検討課題の抽出と対応方針の確立
 3 自社における検討と経営層の理解の深め方
                                
     

参 加 費 等

トップへ戻る

参 加 費
          25,920円(税込)(非賛助会員1名につき)
          23,760円(税込)(当協会普通賛助会員1名につき)
          22,680円(税込)(当協会正賛助会員1名につき)
          21,600円(税込)(当協会特別賛助会員1名につき
割 引 対 象
当協会主催の次の会にご登録(副登録含む)の方は、上記参加費の「当協会正賛助会員」の金額(22,680)に割引させていただきますので何卒ご利用賜りますようお願い申し上げます。
  1.会社役員のための法律実務研究会
  2.経営財務法務研究会
  3.経理部長会

  4.監査役員業務研究会
  5.会社法務実務研究会
  6.総務・法務部長会

  7.グループ会社実務研究会
お申込および連絡先

ダウンロードした申込書をプリントしていただき、必要事項をご記入の上、FAXにてご送信下さい。
>>>お申込書(PDF)ダウンロード

  

【連絡先】一般財団法人 産業経理協会
   住所:東京都千代田区神田淡路町1-15-6
   電話:03-3253-0361

資  料
 講師オリジナルテキストを当日受付でお渡しいたします。
   

申 込 要 件

トップへ戻る